「だから嫁いびりしてもいい」

2016.09.07.Wed.22:33
ピーナッツのトメコトメ。両方クソ。

嫌みいびりは当たり前、家探し、窃盗なんでもござれ。
夫が〆ても言う事聞かず、逆に被害者ぶって泣いたり喚いたり。
リビングに私の下着を持って来て親戚や客の前で広げては
「こんなの履いてーww」
とにやにや。
トメは昔同居だった大トメにいびられまくり、これら全て大トメにやられた事らしい。
「だから嫁いびりしてもいい」
と主張するトメコトメ、困った顔のウト。

これでもう義実家詣では無くなり、夫は心底憎いと思っていた大トメと同じ事をするトメコトメを嫌っていた。
ウトが〆ようものなら
「アタシはこんなに苦労してきてキェェェェェーー!!」
「お母さんが可哀そうキエェェェーー!」
「ウトはあの女にたぶらかされたんだ慰謝料よこせキェェェェー!!」
ってなもん。
その大トメは今はウト弟の家にいるが、遠方という事と、トメとコトメが会いに行くのを大反対、夫にとっても母をいびる嫌な祖母、なので1回しかあった事がない。
先週、大ウト法事で大トメに会ったんだけど、来るなり睨みあうトメコトメと大トメ。
一瞬で周りもピリピリムードになった。
それにしてもトメには散々いびられたが、言う事がトメとそっくりww
「相変わらずみっともない服だね!」
「ろくに顔も出さないダメ女が!」
「あんたなんかと結婚させるんじゃなかったよ!」
年齢と方言の分か、大トメの方が言葉きつくて貫禄があったけどw
何と以外にも大トメは私にはとても優しかった。
まあろくに会わないし、トメいびりの一環でもあるだろうけどもw
「後継ぎの嫁かー、あら美人だこと~。ひ孫太郎(私の子)や大ばあちゃんのとこおいで~」
「孫太郎(夫)もいい嫁さんもらって幸せモンだなぁ~wひ孫太郎は孫太郎によく似てるなぁ~」
「あらららあ~、かわいいこと!!」
と大喜び、子供をほめられてまんざらでもない顔の息子ラブ夫。
そこで「ちょっと…」とコトメに言われて廊下に行くと、苦虫噛み潰しまくった顔のトメが。
そして二人で
「あのババァにチヤホヤされたからっていい気になってw」
「あんなババァに子供褒められて嬉しいんだぁ。バカじゃないの?w」
で、「いい、あのババァはね!」と今まで何万回も聞いた大トメのいびりを語り出した。

「でもトメさんも同じ事してますねwコトメさんもねwww
コトメさんが居ない分トメさんは私に比べて楽ですよw
夫は祖母と同じ事をしてるあなた方を心底嫌ってますが分かります~w」

と言って、笑いながら逃げた。
怒りのオーラを発しながら会場に戻ってきたトメコトメは、まさに鬼!って顔でこっちを睨んできてたけどなんかどうでも良かった。
ご飯を食べながら「あらっ!」と素っ頓狂な声をあげ、皆がこっちを見た時、ニコニコしながら
「わあー、やっぱり大ばあちゃんとコトメさん顔が似てるー!!」
と言った。
コトメに微笑みかけながら
「すっごいそっくりですよー!
顔の表情とか、眉毛のあたりとか、鼻もそっくり!遺伝ってすごいー!!」
と言った。
実際の所、本当に似ているw

「ああ、ほらトメさんも似てますもんね、雰囲気も!そっかぁ凄いなぁ~!」
と素直なふりして感心。
実を言うとトメも似ているw
コトメは顔も似てるけど、二人ともとにかくあの人を見下したような、「どうやっていびってやろうか」という表情とか、いびってる時の生き生きとした意地悪な顔とか、ギロリと睨む所とか、嫌み三昧の陰険な人特有の雰囲気が同じ。
皆「そうだよなぁ、よく似てるなぁ!」
「私も前からそう思ってたのよ~」
「コトメちゃんは特によく似てるな!」
と口々に言いだした。
最初「はぁ!?」って顔でこっちを睨んできたトメコトメだが、皆の言う事を聞いて「嘘…」って顔に。
大トメはトメは憎くとも孫はかわいいらしく、嬉しそうに
「コトメは赤んぼの時からアタシ似でね!」
とw
その言葉に皆(多分空気が和らぐと思ったんだろうが)ニコニコと似てる似てると言い出した。
コトメは
「そんな事ない!似てるなんて思った事もないよ!ねえお母さん!?」
トメも
「そうよ、似てないわよ!」
と言った後、なぜかコトメから目をそらす。
それに敏感に気がついたコトメは「えっ…」って顔。
コトメを大トメの所に引きずって行き、2ショット写真を撮って上げた。
大トメは「あら、写真かい?あれちっちゃいカメラだねぇ!」と感心していて、コトメは「止めてよ!」と目をひんむいてる顔だったので、偶然にも似たような表情が撮れた。
「ほらーそっくり!」
と見せると、コトメも呆然としてた。
「コトメさんは性格も似てるから、年取ったら大ばあちゃんそっくりのおばあちゃんになるんでしょうね」
と笑顔でいってあげたら無言で席に戻った。
顔真っ赤で今にも泣きそう。
しかしトメは慰めるものの、明らかに大トメ似と分かったコトメにどう接したらいいか…って感じ。
かわいいわが子、でも顔が憎い大トメそっくり…ああ、でもいや待って…ってw

そこにダメ押しで
「トメさんとコトメさんと大トメさんって言う事が同じなんだもの~w面白いーw」
と大笑い。
トメは複雑な表情でコトメをチラ見し、コトメはそれに気が付いていてボロ泣き。
皆が「あ、コトメちゃん、どうしたの?」と言っても、トメはコトメを構わない。
真っ赤な顔でお茶を飲んでいた。
それをコトメが見た後、無言で出て行った。トメは
「コトメ!」
と言うが、追うか追わないか迷ってる感じ。
結局追わなかった。
みんなそれで「あ、ヤバい」と思って、話題を変えるが、空気読めない大トメは
「いかにコトメが自分に似てるか」
「トメに似なくていかに嬉しいか」
を語り、トメコトメが嫌いだった夫もそれに乗って大トメに言われていた事をトメ達に言われていた、と暴露。
大トメは自分も嫌みババァと言われてる事にも気がつかずにご満悦。
なんてしょぼい愛情だったんでしょうねぇw

今までは「自分の為に一緒に大トメと戦ってくれ、嫁いびりを正当化してくれる頼もしい娘」、これからは「憎い大トメにそっくりな女」ですかw

空気ウトが「コトメどうしたんだ?」と心配したら、トメいきなり切れてプイッっと出て行ってしまったw
そこまでそっくり親子ですかw
大トメがその背中に「戻って来なきゃいいのになあ!w」と更にダメ押し。
ウトがまあまあとなだめ、後を追うがしょぼくれた顔で戻って来た。
私たちは無かった事のように(この辺がヘタレ)法事をし、トメコトメ抜きで法事を終えた。
大トメ達を空港まで送り、家に戻ったがウトが夜電話をよこして「母さんとコトメが居ない」とwww
「知りませんよ…仲間割れしたみたいだけど」
と言って電話を切りその晩は返事が無かった。

その後、夫の携帯に「ママがあ~」とコトメから泣き付き電話があったが、
「しらねーよ。大体お前そっくりだし。
言う事もばあちゃんと同じだよw
お前もあのババァと同類www」
と言ったら切れたらしい。

トメコトメとも次の日には家に帰ったらしいが、なんだか微妙な空気になってるらしく、夫に招集がかかったが「似た者祖母母娘、仲良くな」と言ったら何も言ってこないw
DQN大トメをDQN返しに使った私もDQN。
でも多分、これから「嫁が悪い!」ってなって文句付けてくると思うから臨戦態勢中!
関連記事
コメント

管理者のみに表示