急には止まれない

2016.08.22.Mon.18:27
初めて投下する

中高一貫校に通っていた
当時中2
私は訳あって電動車いすをつかってる

ここまでが前提

自分は多少人見知りなところがあって初対面の人と話すのは苦手だった
それと車いすで多少浮いてたこともあり、友達はそこまで多くなかった
それでか中2ぐらいからいじめが学年トップのDQNチームから受けた
最初は移動教室の時にブックカバーをかけたラノベを持って行ってて、
授業始まる前に一人で読んでた
そのときに挿絵を見られて、「せんせー、私ちゃんが漫画持ってるー」とか「なんで漫画なんてもってるのー?ニヤニヤ」といったチクリみたいなのが始まった
まぁ、ラノベといっても、図書室においてるレベルだし、知らない人は漫画っぽいイラストだから勘違いも…と思ったものの、人見知りが邪魔して自分から話しかけるどころか、クラスで車いすっていう理由以外に目立つのが恥ずかしくって、だんまりを決め込んでた
そうこうしてるうちにDQNグループの一員のMが車いすの後ろのストッパー
(押す時に握るストッパー)ごガチガチ触りだした
さすがに危ないから注意したけど、聞く耳もたず
担任も注意はするものの流石はDQN、全く効かない
私は車いすに指一本触れられただけで誰かが触ったorあたったのがわかるからすぐに気が付くけど、電動車いすだから急には止まれないし、注意もできない
DQNグループたちはそれをただ面白がるだけ
それが中2の終わりまで続いた
中3になってからはさらにエスカレートした
動いてる途中に後ろから急に飛び出してきて、
一気に力技で車いすと止めては逃げる行為をしてき始めた
それで何度も数少ない友達を敷いてしまったし(幸い怪我はなかった)、
何度も私も車いすから転げ落ちそうになった

そんでこんなで夏休みが終わり、新学期
さんざん嫌気がさしてたのでやり返しを決行

まず、向こうが車いすを触ってくるのを待つ
で来たら振り向いて車いすで壁に押し付ける(取り巻きがいないうちに)
という作戦

そんで、実行
実際は押し付けた時に私のがまんが崩壊and恥ずかしさで涙腺崩壊するし、周りの人たち(担任含む)は( Д )メダマドコーな状態
かれこれ10年以上車いすを運転してきた私は相手が痣や骨折にならなくて痛い手加減はした(内申書にひびくから大事にはできない)
けど、鉄とコンクリートに挟まれたMは半泣き状態

それ以来DQNグループからのいじめはピタッと止まり(取り巻きにもいろいろされてた)、修学旅行は楽しく過ごせましたとさ

ちなみに先生からのおとがめは一切なかったwww

復讐にしては甘いかな?
関連記事
コメント

管理者のみに表示