ネトゲで彼氏を寝取られかけた

2016.08.05.Fri.18:16
メモに書き留めてないのでだらだら書きます。
二人ともゲームが好きで意気投合してしまい、それがきっかけで付き合って3年。
偶然にも同じネトゲをやっていたのでどうせなら一緒に遊ぼうってことになり
私が彼のサーバにキャラを作り直して一緒に遊んだ。

スペック

私:会社勤め(だった)、中肉中背、顔普通
彼氏:リーマン、ガリマッチョ、顔普通

彼氏を女に寝取られかけた

彼は元々ギルドに入ってたんだけど、よくわからない理由でそのギルドが解散になり
私たちはしばらくギルドに所属しないまま、二人でぶらりと遊んでいました。
ある日、彼氏が仕事で遅くなるというので一人でログインして遊んでいた時に知り合った人が
「よかったらうちのギルドに来ない?」と誘ってくれて、彼氏と相談して体験入団することにしました。
思っていたよりも(失礼ながら)ギルドはいい雰囲気で
ギスギスしていないし、ネット特有の恋愛沙汰で揉めている気配もなく
「よろしくお願いします」と正式にギルドのメンバーになったのでした。

ギルドにはリアルで付き合っているカップルが3組いて、私達で4組だそうで。
リアル優先しているし恋愛でギスギスすることもないだろう、とこの時は思っていたのね。

特に何も問題なく、私達がギルドに入団して半年くらい経った頃
住んでる場所も近いし皆で会わないかという話になった。
オフ会は行った事がなかったので戸惑ったけど、皆を見てみたい気持ちもあり、彼氏と参加。
特にオフ会では何もなかった。全員メルアド交換もしなかった。
ただその時はすごく楽しくて、オフ会行って良かったなと思っていました。

オフをきっかけに皆の絆()がさらに深まったような気がして嬉しかったのです。
オフの後、ギルマス(女)が彼氏に頻繁に話しかけるようになりました。
でもその時は別に何も思わなかったし、何よりギルマスにはギルド内に彼氏がいたので
特に危機感を覚えることなく放っておいたのです。
現にギルマスと彼氏の惚気も耳に入ってきていたし。

数ヵ月後。
オフ熱が収まり、皆いつもどおりになっている最中
ギルマスだけは私の彼氏に話しかけまくっていて、さすがにちょっと「ん?」と思ったので
注意深く観察することにした。
呼び方もいつの間にか「○○さん」から「○○しゃん」に変わっていて
何かあるたびに名指しで話しかけていた。
ネトゲで嫉妬するのは嫌だけど、さすがにちょっとなとリアルで彼氏にその事で相談したら
「なんかやたらと話しかけてきてるよね」と本人も違和感を覚えていたようでした。
ここで知ったのですが、個別メッセも結構な頻度で来ていたそうでした。

「見る?」と言われて見せてもらった内容は「今日は○○があって疲れた」などの
他愛もないものばかり。

到底、浮気だとかそういうものと結びつかなかったのでその時は保留することに。

さらに数ヶ月後。

ログインするとギルド内が何やら騒がしく、ギルドメンバーの一人から
「ギルマスとギルマス彼氏が別れた」と個別でメッセを貰い仰天。
あんなに仲良くしていたのになぜ。理由を聞いても、わからない、と。
これがきっかけでギルマスの元彼はギルドを去った。
それとほぼ同時期にカップルBが破局。
こちらも彼女の方がギルドを去りました。
嫌なことが続くものだなと思っていると、ギルマスがギルチャで
「カップルBの彼氏さんとお付き合いしています」という。

なんで?どうして?
そんな言葉は一切スルーされ「付き合ってます」の発言のみ。
どっちが誘ったのかわからないけど浮気したってことでしょう。

なんとなく居心地悪いと思いつつ一ヵ月後。

一緒に遊んでる彼氏が動かなくなることが多々あり、何してるのかと聞いたら
個別メッセがきていて対応におわれているとのことでした。
その時は誰からとは聞きませんでしたが、後でわかったのはギルマスから。

この頃から私は仕事が忙しくなりログイン時間も減って
彼氏一人で遊ぶことが多くなった。
たまのデートでギルドの事を聞くと「あれから特に何もなく普通」とのこと。
この時点ではギルマスはカップルBの彼氏にベタベタだったので
きめぇと思いつつも危機感は覚えていませんでした。
そして、二回目のオフ会のお誘いがあったんだけど
仕事で忙しいのと、浮気した二人と会うのが嫌でお断り。
彼氏だけ参加することに。

彼氏と親しくしている男のギルメン数人も来ると聞いていたので
特に問題なく「いっておいでー」と送り出したのです。

そのオフが終わった後、ようやく仕事も落ち着き
週末にデートを彼氏に持ちかけたのですが、ちょっと用事があるといわれた。
デートを断られたのは付き合って以来初めてのことだったので、何かおかしいなと感じたけど
どうすることも出来ず…。

前に家に来た時に彼が忘れ物をしてたので、デートを断られた当日
早めに彼の家に行って置いてこようと思い、彼氏の家に向かうとちょうど出かけるところでした。

いつもならそこで駆け寄って忘れ物を届けて帰るんですけど
なんとなく嫌な感じがしたので、つい建物の影に隠れてしまい
何を思ったのか彼を尾行するという奇行に走ってしまった。

案外気づかれないもので、彼が入ったのは駅の近くの喫茶店。
そこで相席したのは…ギルマスでした。
建物の影から喫茶店ガン見してたからさすがに何話してるかわからなかったけど
彼氏は終始真剣な顔、一方ギルマスは泣きそうな顔になったり笑顔になったりと不安定。

30分くらいしたでしょうか。
二人が喫茶店から出てきて、彼氏が(おそらく「じゃあ」と手を上げて)帰ろうとしたところを
ギルマスが腕をがっしり掴んで何か言ってる。
彼氏ちょっと苦笑い。私は苦笑いってレベルじゃねーぞ。
ギルマスが腕を掴んだままどこかにひっぱってく。渋々ついていく(ように見えた)彼。

日は傾いて夕方頃、二人は公園に。
まだ話すことあんの?つか何話してんの?といらだっていたその時、
ギルマスが彼氏を草むらに引っ張って抱きついて押し倒しやがった。
普通ならここで「なにしてんのよ!」と出て行くところなのですが
私にも隠れNTR属性があったのでしょうか…。

「す、少し傍観してみよう」何故かそうおもってしまった。

二人と私の距離はそんな離れてなく、何話してるかわからないけど
何やってるかは目視出来る距離。

それで、気づいたらスマホで録画していた。何を言ってるのかわからないとおもうが(ry
スマホで録画したものを見ながら書き込んでいきます。

押し倒した後、彼氏にキスしようとするギルマスの唇から必死に逃げようとしている彼氏。
(聞こえづらいのですが「ちょっと」「ちょっと!」って言ってる気がする)
そうこうしてるうちにギルマスがセルフで胸を露出。
これでもかというくらいに彼氏の胸と顔に胸を押し付けること2分。
彼氏うつぶせ状態になって逃げようとしてるところをホールドして離さない。
ひたすら胸を背中にすりつけること1分半。
ギルマス、今度はセルフでパンツ脱ぎだす。
彼氏抵抗。
服を脱がせようとしたあたりで彼氏逃亡。

大体5分くらいの格闘でした。
その後はギルマスが
一人ぽっつーんってなってる姿を見て終了。

多分、彼氏があのままギルマスを受け入れてしまっていたらこんな気持ちにはならず
激おこどころじゃないキレっぷりであの場に乱入してギルマスぼこぼこにしていたと思うんですけど
彼氏が抵抗してくれた姿を見せてくれたので「まあいいか」となってしまったNTR属性の私です。

彼氏の忘れ物を片手にずっと尾行していたのを思い出し、
このまま帰るのもなんなので彼の家を訪ねました。
私の顔をみるやいなや、玄関先でぎゅーーっと抱きしめられまして
そのままベッドにインですよ。ここは省きますね。

そして事が終わった後、彼氏が本当のことを話してくれました。
ギルマスが彼氏と別れる前後とつい最近、付き合ってる彼氏についての相談や愚痴を
個別メッセで聞いていたこと。
そして「一度だけ、一度だけ直接会って相談したい。会ってくれたら相談もこれっきりにするから」と言われ
渋々OKして二人きりで会ったこと。
帰ろうとしたら茂みに連れ込まれて色々とされて逃げたということも、ちゃんと話してくれました。

ちなみに私は尾行していたことは 話 し て ま せ ん 。
「あんなことをされた以上、リアル・ネット問わずもう連絡取らないし
あのネトゲもやめる」
「そだね。わかった、私もやめる」

ということで二人ともネトゲをやめることに。
彼氏はああいうこともあってか、誰にも何も言わずにキャラと蔵削除。
私は「皆に一言お別れ言ってから削除するね」ということを伝え、了承してもらったので…

ギルマスへの復讐を開始した。

ギルマス:19歳無職、背低い、顔普通。
クラスに一人はいた根暗オタ眼鏡っぽい(ただしネットでは明るいキャラに豹変)

ギルマス元彼:25歳リーマン、背低くてちょっと豚鼻。

・カップルB
間男:歳不明(20代~30代)、仕事は自営業っていってた。背高くてひょろい
女:23か4っていってたけど覚えてない。学生とはいってた。
NTR属性だからって相手の女は許せないですよ。

まずは親しくて発言力のあるギルメン数人に本当の事を話して
あの女が吹聴して回らないよう周囲を固めておいた。
最初は疑心暗鬼だった皆さんも、(彼氏から聞いた)相談内容などを聞くと
「ああ…」と納得し信じてくれた様子。
「最後にギルマスさんとリアルでちゃんと話しておきたいんです><」とかいってみたら
ギルメンの一人がすごい提案してわろた。
そしてギルマスにとって地獄のオフ会当日。
ウキウキして来たギルマスの顔が、集合場所の店にいた私を見てみるみる
青ざめていって笑いをこらえるのに必死だった。
ギルマスは元々気弱な性格なので「まあちょっと座れや」的にテーブルを指でとんとんしたら
席について変な声出た。

「あの…み、みんなは」
声震えてるンゴwwwwwwwwww
三回目のミニオフ会をするとギルマスを誘う。
でも実際に来るのは私だけ、という卑劣な作戦。気に入った。
まあでもこれでその誘ったギルメンがギルマスに批難されかねないので
そこを指摘したら「もうこんなギルドやめてやるよwww」と言ってくれたので
お言葉に甘えてギルマスを誘ってもらうことにした。

飛びついて参加表明したとのことだ。
ちなみに私が動画を撮っていることと尾行したことはギルメン達は知りません。
「こないよ?」
「えっ」

二人で話したかったからギルメンに一役買ってもらったことを話すと
無言になった。
「なんで呼ばれたかはギルマスさんが一番よくわかってるよね」
このあたりで用意してたテープレコーダー回してみる。
「…」
「全部聞いたんですよね」(録音しているので意図的に敬語)
「…」
「聞いたんですけど、あなたの口から直接聞いて真偽を確かめたくて」

1分くらい無言ののち、

「ごめんなさい…」
「それは何に対してのごめんなさいなのですか?」
「それは…>1さんの彼氏を……」
「彼氏を?」
「その……とろうと……して、その」
「取ろうとしただけじゃないですよね」
「……はい」
「どう取ろうとしたんですか?」
「…それは…」「…しようとしました」
「え?」(聞こえてる)
「H…(超小声)しようとしました、ごめんなさ…」

ギルマス嗚咽をもらして泣き出す。
喫茶店の奥の席とは言え、店員とか周りの客が見始めたので
心配を装いつつ逃げないようにとギルマスの方に手を回して店を出ました。

ギルマスは19歳、未成年です。
手を回しつつ歩道を歩きながら
「ギルマスさん、家近かったよね?」
「えぐえぐ…えぐえぐ…え?近いです…けど…えぐ」
「家、いこうか」
「え」
「 い こ う か 」

それはちょっと、とか色々泣きながら言われたけど
私がものすごい形相だったのかわからないが、口では否定しつつも足は家路へと。
「ここ…です…」と案内させた家は庭付き一戸建ての立派な家でした。
チャイム鳴らしたらギルマス母が出る。
ギルマスが泣いてたから最初は私に対してすごくきつい態度をとっていたんだけど
「お宅の娘さんが私の彼氏に手を出しました」というと
顔が真っ青になって、とりあえず中にどうぞと家にあげてくれた。

家の中もきれいで富裕層っぽい。
「どうぞ」と出されたハーブティっぽいものには手をつけず
本題を切り出した。

「先ほども言いましたが、お宅の娘さんが私の彼氏に手を出しまして」
「未成年というので親御さんにと思いお伺いしました」

明らかに、ああ…って顔したけど母は強しとよくいったもので
気丈に「そもそもあなたはうちの娘とどんな関係なの」と強い口調で行って来たので
ネトゲで知り合ってオフ会をした仲だということを伝えた。
ネトゲをよくわかっていなかったのでそこから説明するのはだるかったけど
理解してもらえるまで噛み砕いて丁寧に説明したら「なるほど」と納得してもらえたようだった。

「それで」という言葉がギルマス母と被ってしまったけど
気にせずに私が続けて話す。

「私と彼は婚約中でして(←本当)、それは娘さんもご存知のはずなのですが
無理やり彼氏を押し倒し、しようとしました」
うつむいてたギルマスが「ちがう、ちがうの!!!」って泣きながらギルマス母に。
「娘は違うって言ってる」の一点張りだったので、
甘いカーチャンだなあと思いながら、さっき録音した音声を聞かせました。

はぁ…と深いため息をついてギルマス母が強い口調で反論を始める。
「たしかにあなたのお付き合いしている方にちょっかいだしたのは娘のようですけど」
「恋愛なんて好いた惚れたの世界、彼女のいる男性を好きになってしまっても罪ではない」
「それで取られるようならあんたはその程度の女の価値しかなかったということ」
「それに最後のほう聞こえないわ。無理やり押し倒してしようとしたというのは
あんたの作り話じゃないの?」
「あなた」から「あんた」へグレードアップ!!
他にも人格否定をするような発言を色々されたけど覚えてない。

それは理解できるんだよね。理解できるけど婚約決まってる人の男を寝取るのはどうなのよと思うよ
私の彼氏を好きになったということは母の中で認めたようだが
どうしても押し倒して寝取ろうとしたということに関しては「私の作り話説」を
プッシュしてくる。

例の動画を出すときがついにきたと思った。

「だ、だめだ。まだこらえるんだ…」って勝利確信したキラの顔してたと思う。
仕方ない、本当は出したくなかったんだけどオーラをふんだんに出しながら
「こういうものがあるのですけど」とギルマス母に動画みせたったwwwwwwwwwwwww
5分くらいの動画。
嫌がる男に逃げられた哀れな女の動画。
この母親のことだから「こんなのうちの娘じゃないわ、他人よ」って言われると思って
どうするかなあって思ってた矢先にギルマス母がギルマスの髪掴んでビンタ数発wwwwww
ところが数発ってレベルじゃなく、鼻血が出るくらい殴ってたんでさすがに私が止める。
「あんたって子は!あんたって子はあああああああ!!!」って泣き崩れるギルマス母。
「えっえっえっえええええっ!!!!」ってすげー嗚咽漏らして鼻血流しながら泣くギルマス。

そんな中「ただいまー」って玄関からおっさんの声がした。
予定外のギルマス父の登場ンゴ!!!!
ちらっと時計見たらもう夜だった。そりゃ帰ってくるわ。

「あああああああああ!!」って大声あげながら泣き崩れる母、鼻血流して泣く娘、そして見知らぬ女がいる光景。
敵意はどうしても私に向くよね。
「妻と娘に何をしたんだ」「誰だ君は」とか色々言われて説明しようとしたけど
ギルマス母の叫び声がうるさすぎて説明が聞こえない。
そんなこんなで押し問答を10分くらいして、いまいち私の正体と事情が掴み取れなかったギルマス父が
「じゃあ警察いくか!?」ってすごんでみせた時、
ようやく落ち着いてきたらしいギルマス母が「それはやめて!!!!!!」って
父に泣いてすがって今までの経緯を説明してくれて、ようやく疑いが晴れたンゴ…。
それ聞いてすぐに激昂した父に殴られるギルマスがちょっとかわいそうになってきた。
「そんな娘に育てた覚えはない!」っていうのドラマ以外で初めて聞いた。
そこからはしばらくギルマスを叱り付けていた父だったが、
はっとなってこちらを見て「娘が大変申し訳ないことをしまして」と土下座してきた。
さすがにこれはやりすぎたかと焦ってると母も土下座してきた。

本当に大人気ないでしょうか?やりすぎた感があるのは認めます。

ギルマスとはオフを通じてリアルで会い、ネトゲではかなり親しくしており
婚約中だということを伝えると「結婚決まったら教えてね♪一番に祝福したいから♪」と
言ってくれていた子に彼氏を寝取られかけ、それでも泣いて謝ったら許せと仰るのでしょうか…。
これは未成年、年齢は関係ないですよね。
世の中には泣いて許しをこうても許されないこともあると思うのです。
ここからはもうなんというか、私の復讐終わったしお腹減ったから帰りたいしという気持ちもあって
「未遂に終わりましたので…心中をご理解していただければそれで結構です」とだけ
伝えた。
すごくばつが悪そうにギルマス父が「実は今に限ったことではないのです」と話し出した。
父が言うには、ギルマスは以前にも既婚男性を寝取って裁判一歩手前くらいまで
いったことがあるらしい。示談で解決したらしいけどドン引きやで工藤。

そろそろ帰らないと、という旨を伝えると
玄関出るまでずっと深々と謝罪されてさすがにちょっと悪い事したかなって思った。
慰謝料(?)どうのお支払いします、せめてもの云々とか言われたけどそれは断った。
別にお金が目的じゃないし。

ギルマスは終始泣いてるだけだった。
ネトゲのキャラも消して蔵もアンインスコしたのでギルマスがその後どうなったのか
知りませんが、多分彼女は反省もろくにせずまた同じことを繰り返すんだろうと思います。
こうやっておもしろおかしく「ンゴwンゴww」と書いている私ですが
寝取られかけた件でうつになってしまい、勤めていた会社を辞めることとなりました。
動画撮影をしていた時は変な脳内物質が出ていただけのようで、私にNTR属性はやっぱりありませんでした。
ギルマスに対してやりすぎてしまった気持ちと彼を寝取られかけて許せなかった気持ちがせめぎ合い
その日は一晩中泣きました。

彼とは今も続いています。

彼が全部話してくれたのにこちらが色々隠してるのはフェアじゃないと思い
うつになる前後に全て話しました。尾行していたことも、動画を撮っていたことも
ギルマスへの復讐の話も全て。

さすがに半月くらい距離を置かれましたが
「俺がギルマスと会わなければこんなことにならなかった」と。
彼が悪いわけじゃないのにと余計申し訳ない気持ちになってしまいます…。

ネタばらしするわ。

俺実は 彼 氏 な 。

彼女目線で書いていましたが、役でいうところの>>1の彼氏です。
実際、彼女から尾行盗撮・家に乗り込んだって聞いた時は結婚やめようかと悩みました。
こんなんだれにもいえないっしょ…。
んでこんなんで婚約破棄したら理由も周りにいわなきゃいけないしで
それが一番嫌だったんで、無職のメンヘラと付き合い続けることにしたっつーだけの話です。
別にいい彼氏でもなんでもありませんわ。

ヤっても後々うざくてめんどくさそうなガキだなと思ったので逃げただけですわ。

まあこれだけ言わせて貰うと本当に浮気するつもりは微塵もなかったわ。
だってめんどくさそうなんだもん、あの子
じゃあ仕事いってくるわ
暇つぶしありがとw
関連記事
コメント

管理者のみに表示