「今触られたよね?」という言葉に我に返って怒りがこみ上げてきた

2016.07.29.Fri.18:29
じゃあ痴漢を捕まえた話でも

当時自分は女子高生、ド田舎でしかもだいぶ前の事だから 真っ暗な女子高生一人~二人が自転車で帰る、なんて事も珍しくなかった
部活の帰りに友達と二人で自転車を漕いでいたら、自転車に乗ったオッサンに追い抜きざまに胸をガシッと掴まれた

揉まれたというよりほんとに掴まれた感じ
ひったくりか!?と思うほどの勢いだったので何が何だか分からず、その場は漕ぎながら友人と二人で呆然としてたが友人の「今触られたよね?」という言葉に我に返って怒りがこみ上げてきた

痴漢は自転車で走り去っていったので、頑張れば追いつけるんじゃないか!?と二人で言い合ってそこからカーチェイス(?)が始まった 
今思えば若気の至りでしかなかった
思いっきりペダルを踏み込み漕ぎまくる私と友人
運動部ではなかったとはいえ現役女子高生だったのもあり、やがてオッサンの自転車(一台しか走ってなかったし、一本道だったからすぐ分かった)が見えてきた
私と友人二人とも「ごらああああああ」みたいな声を出してたと思う(合唱部員だったので声は相当でかかったはず)
そして逃げるオッサンを確保し、なぜか我が家まで連行する私
「誰それ」「こいつ私の胸掴んだ」「は!?」
修羅場と化す我が家
逃げようとするオッサンに「逃げんな!!」と怒鳴りつける私(部活内では鬼の先輩)

そして私は部活内で伝説になり、クラス内では大人しいぼっちキャラだったのに総崩れになった
同窓会に呼ばれないのはこのせいだと思っている
関連記事
コメント

管理者のみに表示