嫌がらせ電報

2016.07.28.Thu.22:45
会社の後輩の結婚式。

披露宴開始前に新婦側の親族控え室に挨拶に行ったら、なんか様子が変。
花嫁(後輩)は泣いているし、花嫁の父は憮然としているし…。
なんでも新郎が花嫁と二股かけたて妊娠させた挙げ句に捨てた女性から、弔辞用の台紙を使った嫌がらせ電報が新婦宅に朝届いたらしい。
披露宴の間中も花嫁は泣きっぱなしだった。

花嫁は挙式前に結婚退社していたので、その後の消息は不明だが、我が社の伝説になった。
花嫁の友人だった子からのまた聞きなんだけど、「お子様のご逝去を悼み…」というよくある弔電文だったらしい。
ただし宛名が花嫁の名字に新郎の名前をくっつけたもので、「これは新郎がらみの嫌がらせに違いない」とすぐに察しがついた花嫁の父が新郎を締め上げたら、あっさり白状したんだって。

嫌がらせ電報を式場に送っても、式場側の配慮で握りつぶされるのをみこして、あえて花嫁の自宅に、しかも一見普通の弔電。
でも見る人が見ればすぐに嫌がらせだとわかるようにした犯人の知能犯ぶりと、その執念にゾッとした。
関連記事
コメント

管理者のみに表示