DQNに絡まれ「ずびばぜん」状態

2016.06.26.Sun.12:15
特にこれといったものも無い平々凡々な自分と結婚した嫁。
米倉涼子に似ていて身長も俺よりも高くおっぱいもデカいし、料理も店を出せるレベル。
唯一の欠点が掃除と整理整頓が出来ないくらいだけど、そこは綺麗好きの俺がカバーするみたいな夫婦生活を送ってる。
んで、結婚1年目に北陸に旅行に行ったときにコンビニでDQN2人に俺が絡まれた。
嫁ちゃんがトイレに行っている間に外でコーヒー牛乳飲んでたら目があったとか…

自分はひょろいし、人生初のDQNに絡まれたことで縮み上がってオドオドビクビクしてた。
その態度にDQNがさらに切れたのか助長したのか殴りかかってきた。
こらダメだと思って亀の子態勢で防御しつつ逃げようとしたけど、相手の拳痛すぎwww
俺涙目で「ずびばぜん」状態。

そこへ嫁ちゃん登場。
缶コーヒー握りしめた拳で俺を殴ってたDQNを殴る殴る。
さらにはDQNの髪を掴みコンビニのゴミ箱に顔面を叩きつけ、最後は顔面に膝蹴り3発。
相手は流血して戦意消失、嫁ちゃんも拳と膝を怪我した。

俺とDQN2はぽかーん。

その後警察が来て、過剰防衛だなんだで裁判に発展したりしたけど、結局のところコンビニの防犯カメラと店員の証言で事なきを得た。
ちなみに裁判中に裁判官?に旦那さんも奥さんを守れるようにしてくださいという、心にグサリとくる一言を貰いました。

あと、嫁さんはフィットネスで体鍛えてるけど、格闘技は無経験で興味もあまりないようです。
レディースとか不良だった過去もない、というか高校時代の同級生。

今は結婚5年目だけど、あの衝撃的な事(嫁曰く愛ゆえに)があってから本格的な喧嘩をしたことがない。

相手の怪我の程度を書いてないけど、前歯2本骨折、鼻骨骨折に頬骨に罅、頭頂部に缶の角が当たったことによる裂傷(12針)
ガチで大けがだったから。
それでもお咎めなしだったのは、女性であったことと一方的な暴力から夫を守るためというのが証明できたから。
あと俺も相手側を傷害罪で訴えていたけど、奥さんの暴力行為をなかったことにするから減刑するように相手の弁護士から要請があった。
だから嫁ちゃんについては民事でも全く問題なしになった。
もちろん減刑してもいいかなぁ、判断は裁判所に任せますみたいなことを書いただけで、相手はしっかりと通常通りの刑罰を受けてます。
こっちの弁護士のアドバイスのおかげです。
ちなみに嫁ちゃんは膝の裂傷(相手の歯がグサリ)と薬指に罅と中指の爪が剥がれた。
俺が抱き着いて止めなかったら殺すぐらいの勢いだった。

警察が来るまでの鼻息の荒さとほぼ無表情の顔はゾクゾクしました。
ネコ気があるとはいえ、あの時は本当にすごかった。
あと、コンビニのゴミ箱を破壊したのでそれはこちらが弁償しました。
4万いかないぐらいです。
関連記事
コメント

管理者のみに表示