父親は組長

2016.06.10.Fri.20:36
友達のA子の父親は、893の組長だ。

ある日、A子は親に内緒で彼氏と八丈島に遊びに行っていた。
それを知った父親は激怒。ヘリをチャーターした組員がB子を連れ戻しに行った。
それを知って私達悪友は、皆で大笑い。
そして、帰ってきたA子に話を聞いた。
以下A子の話
「レストランでご飯食べてたらさあ、いきなりあいつらがやって来たんだよ。いかにもモンモンって服きてて、恥ずかしいったらありゃしない。」
「また、男に逃げられたよぉ」

A子の元彼達は、彼女父親の職業 (?)を知ると逃げていった。

A子の八丈島事件の話を聞いた後、私は卒論で忙しくなり、A子とは、しばらく会っていなかった。

卒論の完成のめどがつき始めた頃、A子から電話があった。
A子が明日飲みに行かないかと言うので、会う約束をした。

久しぶりに会ったA子は、やつれていて、元気がなかった。
大丈夫かと聞くと、いつになく深刻な顔で話し始めた。
「他の誰にも言わないで欲しいんだけど、Me子にだけは話したくってさ。
1ヶ月前の事なんだけど、いつもヤスに駅まで迎えにきてもらってるじゃん?
でもその日はなんかウザくてさ、バスに乗って帰る事にしたんだよ。」

「バス降りて歩いていたら、ミニバンに乗った男に道きかれたんだけど。
それがさ、そいつが行きたいとこって、ぜんぜん見当違いないとこでさ、男でもこんな方向音痴っていんだなあって、思ってたんだ。」
「そいつミニバンの後ろのドア開けて地図だして、いま俺どこ?って聞くから、地図を開いてるミニバンの近くまで行ったのよ。」

「地図をみるために、ミニバンの中にちょと体を乗り入れるようにして、今はここだよって、地図の上を指差して教えてやったらさ」

「いきなり頭を殴られて、ミニバンの中に押し込まれたんだよ。」
私はそこまで聞いて、A子の身に何が起きたのかわかった。

「まさか***?」
A子は頷いて、話を続けた。
「そいつさ、変態でさ、ケツ犯された。
終わった後、ゴミ捨てるみたいに車の外に押し出されて、体がどうのって言うより、屈辱で涙がでてね。
涙で顔ぐちゃぐちゃ、服も破れてボロボロで家に帰ったんだ。」

「私の姿見て、家中大騒ぎになって、親に何があったか号泣きで話した。」
私はA子の手を握った。
A子は更に話を続ける。
「話を聞いたパパは激怒。
そいつの特長か車の色とか、何でもいいから、思い出せって言われて、
眉を書くペンしかなかったから、それで、手にナンバープレートの番号書いておいたの思い出して
パパに見せた。
パパはそれをメモって、A子は今からママと一緒に、D先生(かかりつけ?の医者)の所に行けって言われて、行ったよ。」

A子はため息ついてからこう言った。
「お尻の穴を見せにいくって、最低な気分だよ、わかる?」
私は何を言っていいのかわからなかった。
涙がポロポロでた。
なんて酷いことするんだろう。そんな屑みたいな奴に、屑扱いされてどんなに悔しいだろう。
「あのさ、何でMe子が泣いてんのさ?」とA子も泣きそうな顔 。
「だって、酷すぎるよ。そんな奴、A子の何倍も苦しんで死んじゃえばいいんだ。」そこまで言って、ふとA子のお父さんの事が頭をかすった。

A子は、話を続けた。
2日程してA子は、お父さんに行って欲しい所がある、辛いだろうが
確認して来るようとに言われた。

ヤスの運転する車は、廃屋と化した工場に併設されている倉庫の前で止まった。

ヤスが先導する後ろをA子は、複雑な気持ちでついて行ったと言う。
「倉庫の中は薄暗くて、ガランとして気味が悪かったよ。」
少し行くと、冷凍室のドアみたいな頑丈そうなドアがあって、
ウヮーンって機械が動いてる音がしていたそうだ。
それで初めてここは電気がきてるって気がついたらしい
倉庫の中が真っ暗じゃないのも、小さい電球が点いてたからだ、なんてどうでもいい事を考えながら歩いてたそうだ。

「奥には幾つか部屋があって、一番右奥の部屋へ連れて行かれたのね。
そこには、組の若いのが3人と、裸にされた男が転がってたんだよ。」

そこに転がっていたのは、言うまでもなく、ミニバンの男だった。

組員3人は、A子が入ってくるのを認めると、椅子から立って
「ご苦労さんです、お嬢さん。こいつで間違いないっすね?」
A子は頷くのが精一杯だったらしい。
「そいつの顔なんて、じっくり見たく無いじゃん。それにこれからそいつに何が起きるのか考えたら
気分が悪くなって、そこから早くでたいのに、組の奴がさ」

「お嬢さん、どうやって痛めつけたいっすか?って聞いてきたから
2度と変なことできないように、ちょん切って、ついでにタマも潰しちゃえば?って言ってやった。」
A子はそれで帰って来たから、その後、その男がどんなになったかは知らない。
わかっているのは、父親がA子の代わりに復讐をしてくれた事。

A子は元々、明るくてサバサバした性格なので、立ち直るのも早かった。

「今思えば、あの男、きっと童貞だったんだよ。
だから、どこに入れたらいいかわかんなくて、違うとこに入れちゃったんだと思わない?超だせえ。」
それを聞いた時に、A子はもう大丈夫って思った。
以上でA子の復讐話は終わりです。

後日談と言っていいのかわかりませんが、
男が何をされて、どうなったかについて、私がヤスから直接聞いた、
拷問編ありますが、かないエグいので需要があれば書き込みます。
関連記事
コメント

管理者のみに表示