義実家に行ったら山ほどの千切りキャベツが用意されていた

2016.06.08.Wed.23:48
トメは小さな嫌がらせをチクチクするタイプ。ウトや夫がたしなめてもスルー

トメに何かの拍子に私が千切りキャベツ、特に紫キャベツが苦手であることを言った
(千切りは歯触りと紫キャベツは断面図がダメ、キャベツ自体は煮たり焼いたり、生でもざく切りなら平気)

ある日、義実家に行ったらトンカツと山ほどの千切りキャベツが用意されていた
しかも半分近くは紫キャベツの千切り。この時点で心の中では半泣き

「嫁子さん遠慮なく食べてね!」

なんて言われるし、小1の息子に好き嫌いは良くないとしつけてる手前、手を付けないわけにもいかないから塩とマヨネーズをかけて強引に押し込む
我慢して個別皿の分を食べ終えたら「おかわりよ~」って中央のザルにまだ残ってるキャベツをトングでもっさり追加された

その後、トメと2人になった時に食べれない物を聞かれたので、その時は素直に答えた

後日、息子が子供会行事で留守の時に夫婦でまた義実家に立ち寄ることになった
テーブルには寿司桶が置いてあり、私の分には大トロといくらとカニミソで埋め尽くされていた
なんで嫁子だけ?と驚くウトと夫を横目にトメはニヤニヤ

私「いや~、参ったな~、困っちゃうな~」と言いながらペロリと完食

帰り際にトメが「食べれない物をなくさなきゃね♪他にもある?」と聞いてきたので
フグ、特にフグ刺しが食べれなくて…
と答えておいた
帰り車中で夫は「まんじゅう怖いかよww」って大ウケだった
実は大トロもいくらもカニミソも大好物、フグ刺しも好き
食べれない物は?って聞くから
(好きだけど高いから)食べれない物を答えただけ
と夫に言ったら更に大ウケ
「俺が聞かれたら和牛しゃぶしゃぶって答えたいわー」
だって

正月はウトメがうちに来ることになったので、トメが本気で大嫌いだっていう牡蠣をたっぷり準備しておもてなしをしたいと思う

夫もトメのことは適当にあしらっていて、良ウトのために義実家に出入りしてる感じ
絶縁までいくほどDQNではない小物レベル婆なので何かと付き合っている

牡蠣はアレルギーではないよ。オイスターソースは平気だから
牡蠣本体のぶにぶにした食感や黒い部分がグロテスクに見えて嫌いなんだってさ
牡蠣の美味さに目覚めてもらわれては確かに困るなw
関連記事
コメント

管理者のみに表示
« ギャラ | HOME | うまい話 »