手癖の悪さ

2016.04.03.Sun.20:45
中学1年のとき、母子寮に入っている子をからかってた
同じクラスのボス格みたいな男(以下ボス男)に
「お前だって母子家庭じゃん」と言ったら自分もいじめられるようになった。
そんなある日、クラスでそのボス男とその取り巻きの財布が盗まれる事件が何度か発生した。
盗まれた当日にさっさと帰宅した自分が盗んだという話になったらしく
ボス男とその取り巻き10人くらいが「お前がやったんだろう」と、私の家に訪ねてきた。
身体の弱い母親のかわりに家事をしていたから早く帰宅していただけの私ポカーン。
自宅玄関前でゴチャゴチャやってたもんだから家の母親が出てきて話を聞いて激怒。
手近にあった雪かき用のプラスコップ持って暴れだしたので、母親を取り押さえながら
「母親有段者だから逃げてー!!!」と叫ぶと、そいつらは蜘蛛の子を散らすように逃げていった。

翌日、クラス担任や学年主任の教師に相談するも
「疑われるようなことをしたんじゃないのか?」「双方で話し合えばきっと誤解は解けるよ!」
等といわれ、終いに
「実際あまり裕福じゃないはずなのに、文房具なんか新品も多いしねぇ」
と言われ、安いときにまとめ買いしたり、私自身も新聞配達のアルバイトなんかをして
貧乏ったらしくならないようにしてきただけなのにと、激怒。

「もう解決するまで学校には行かんでよろしい」と親のお墨付きを頂いて不登校開始。
「学校に来い」という教師達と「解決するまで行かない」という私とで大揉めに揉めた。
最終的に、教育委員会まで巻き込むくらい話が大きくなったが、
なんとか落ち着いて翌学年から普通に通学。

自分が通学を再開したあたりから母親の体調がじわりじわりと悪くなっていった。
3年になり、内申書も悪かろう、と公立の底辺高へ進学を決めて無事進学。奨学金も獲得した。
卒業後、同じ学校に進学した取り巻きのひとりから
「(ボス男)の財布を盗んだの、取り巻きA(以下A)だと本人から教えてもらった、本当に申し訳ない」
と土下座された。
しかし正直今更知らされてもなぁ、という感想しかなかった。
そのうちに母親の体調が本格的に悪化し、母子家庭だった我が家ではかさむ医療費に
学校どころではなくなり、働くために学校は中退。
母親の医療費の為に昼夜働くようになり、18になると同時に水商売で働き始めた。
生活保護は頑なに母親が嫌がったので、受けなかった。
中学時代のことは思い出しもせずにホステスをして何年か過ごしているときに
たまたま某飲料メーカーの人事の人が私を気に入ってくれて
何度も指名をしてくれるようになった。
何の会話のときかはもう覚えていないけど、出身中学の話題になり
「自分ドコソコ中学です~」とか話してたら
「ドコソコ中学?うちのルート配送にドコソコ中のヤツいるよ。今度連れてこようか?」と、言われた。
笑いながら「自分いじめられっ子だったんで遠慮www」とは言ったものの、
気になったので「誰ですか?」と聞いたらA。
思わず「アイツ手癖悪いですよ、人に罪なすりつけるし」と口走ってしまった。
当然場はシラケるわけで、自分の商売意識の甘さに情けなく思った。
そのあとしばらくそのお客さんも来てくれなかったしね。

何ヶ月か経って久しぶりにそのお客さんが来てくれたときは
土下座せんばかりの勢いで前回口走ったことを謝罪した。
そんな自分をさえぎってそのかたは
「逆にこちらが感謝したいくらいだ」と。
ポカーンとなった私に、そのかたが話してくれたんだが、
「Aの社内での窃盗と横領が発覚してクビにした」と。
コネ入社だったらしくその絡みで揉めて、飲みに来るどころではなかったらしい。
前回私が口走ったことで、何度かあった窃盗に関してもしかしたらと思い罠を仕掛けて
取り巻きAはまんまと罠に引っかかった、という。

その後、取り巻きA両親が離婚、新婚だったAも嫁に逃げられて
同窓会にも出てきてないらしいが
まだ地元にAとその母親は住んでいるらしいがほぼ村八分状態だとか。
ちなみにボス男には卒業式の時呼び出され
「ほんとはずっとお前のことが好きだったんだ」とかモゴモゴ言ってたけど
「自分のこと殴ったり、こそこそ悪口言ったり、荷物漁ったりする
男に惚れるバカがいるかボケ」と言ったのを最後に会ってもいない。
関連記事
コメント

管理者のみに表示