ブーメラン

2016.05.09.Mon.23:56
結婚した当初から主人のお姉さん(小姑)から、子供はまだ?と散々言われ続けました。
不妊治療に行っている事がばれるとさらにエスカレートして、
『今の子は体弱い』『ろくな生活してないんでしょ』など散々嫌味を言われるようになりました。
それでもひたすら耐え治療から三年、ようやく妊娠が判明しました。
妊娠中も産後も『若いのに育てられるわけない』とか
『体のラインがくずれるとかありえないし』とか訳のわからない嫌味が続きました。
それでも耐えて五年たち、今は2人の可愛い子供に恵まれています。
その小姑も結婚し、五年目を迎えましたが、子供が出来ません。

不妊の辛さ、一番私が分かっている。
散々バカにしたくせに。今こそチャンスだと。

それから小姑が我が家に来ると『子供って可愛いですよね?、早く産んで下さいね、30後半の初産って大変って聞いたんで』と笑顔でやんわり。
帰る際に、使わなくなった産着や哺乳瓶などを包んで渡し、
『お下がりですけど使って下さいね?、あ、早く使えるといいですよねぇ』と、笑顔で見送っています。
大した復讐ではありませんが、最近、小姑の頭に円形脱毛を発見しました。
じわじわきているなら幸いです。

ザマァみろ、ですね。
関連記事
コメント

管理者のみに表示